» 目黒の桜スポットのページトップにもどる

目黒川

目黒川は世田谷区から、目黒区、品川区を通り東京湾に注ぐ約8kmの川ですが、川沿いの池尻大橋から東急目黒線下の亀の甲橋(品川区)までの約4Kmにおよそ800本のソメイヨシノが植えられています。目黒川は上流と下流では川幅の違いから景観が変わります。

東急中目黒駅より上流は川幅も狭く、左右の川岸からはり出した桜がアーチ状に目黒川をおおいます。東急代官山駅を下車し、旧山手通りを散策し、西郷山公園から菅刈公園を経て目黒川に出、上流から下流へ巡るコースも近年人気です。

下流はゆったり流れる目黒川に桜が写し出され、大きな桜のパノラマを作ります。JR・東急・東京メトロ目黒駅下車、行人坂を下り、太鼓橋から上流へ向かいます。この川沿いの道は遊歩道になっており、車も通らないため、ゆっくり桜を楽しめます。東急不動前駅近辺は目黒不動などの名刹も多く桜以外にも楽しめる場所です。

※目黒川ライトアップ  場所:天神橋から宝来橋(中目黒駅下車徒歩3分)
                                  期間:時期:桜開花時~(終了時期は未定) 時間:日没から21時(予定)